Makeblock Neuron

メイクブロック ニューロン

neuron

センサー・回路系   タイプ解説

  https://www.makeblock.com/jp

  14,800円 [税別(Inventor Kitの価格)]

マグネット式のブロックをつなぎ合わせるだけで、電子回路の仕組みが作れるツール。30以上のブロックがあり、専用のアプリを使ってプログラミングすればIoTを含む様々な機能を実現できる。

Makeblock社の「Neuron」は、様々な機能をもったブロックをつなぎ合わせたりプログラミングして、手軽に電子工作的な機能を作ることができるツールです。簡単な入出力の仕組みから、IoT的の仕組みまで幅広い機能が実現することができます。

neuron

販売キットによって同梱されているブロックは違いますが(※)、全部で30種類以上のブロックがあり機能が豊富です。スイッチやセンサーなどのインプット系、LEDやブザーなどのアウトプット系など機能別に色分けされていて、電源やWi-Fi接続、Bluetooth接続機能もひとつのブロックになっています。ブロック同士はマグネットで吸着し合うので自在に組み合わせて気軽に工具いらずで電子工作が楽しめます。底面もマグネットなので、ボードに貼り付けることもできて扱いやすそう。

シリーズのパーツとしてウォーターポンプまであるので、温度や湿度を検知して植物に水やりをする、なんて発展的な装置も作れてしまいます。

neuron

手軽に始めるために、あらかじめ用意されたプログラムと紙の工作キットで簡単に作れる装置もあります。

タッチするとしっぽを振る「しっぽ振りキャット」
タッチすると音が出る「電子ギター」
makeblockタッチすると光る「ライトパレット」

キットもよいですが、こうしたツールは自由にものづくりをしてこそ面白いもの。ブロックを自由に組み合わせ、専用のアプリからプログラムしてちいさな発明を楽しむのがおすすめです。クリエイティブマインドを刺激されるのは間違いありません。

プログラミングは、無料の専用アプリからでき、フロー型のビジュアルプログラミング(タブレット端末等)か、ブロック型のScratchベースのビジュアルプログラミング(パソコンかタブレット端末等)からできます。

フロー型のビジュアルプログラミングアプリ「Neuron」
neuron

ブロック型のビジュアルプログラミングアプリ「mBlock」
mblock

[Makeblock社が出している紹介動画]

※参考価格のMakeblock Neuron Inventor Kitは、8種類のブロックと工作キットがセットになったもの。

ツールへのコメントや実践事例

コメントを書く