micro:bitの「ジングルベル」演奏部分のみのプログラムを配布します!

狩野 さやか

どんなプログラミングツールでも、きまったメロディを再現するのはちょっと面倒です。音符と楽譜がわかっている人なら作るのは難しくないのですが、ただただ音を並べるのに手間がかかりちょっとたいへん。

そこで、micro:bit用のジングルベルを演奏するだけのプログラムを作ったので、配布します。

プログラムの概要

先にプログラムの内容を紹介します。ボタンAを押したらジングルベルが流れるというだけのプログラムにしてあります。
まねをして自分でプログラムしたい方は以下の図を参考に作ってくださいね。

micro:bitでジングルベル演奏プログラム

なお、micro:bitの新型(v2)のスピーカーは、同じ音が続くと音の出だしが不明瞭で音が繋がって聞こえてしまうので、短い音+短い休符にして音が離れて聞こえるようにプログラムしています。

配布ファイルの使用方法

配布するプログラムファイルはGitHubで公開しています。読み込み方を説明します。

まず、micro:bitのプログラミング用MakeCodeを開いてください。
最初の画面で[読み込む]ボタンを押します。
micro:bitでプログラムを読み込む

次の「読み込む」という画面が表示されたら[URLから読み込む…]をクリックします。

micro:bitでプログラムを読み込む

「プロジェクトのURLを開きます」という画面が表示されたら、「このプロジェクトのURLをコピーする。」という欄に次のURL「https://github.com/sayakakano/jingle-bells-music-for-microbit」(ブルーの文字の部分のみ)をコピー&ペーストしてください。

コピー&ペーストできたら[つづける]ボタンを押してください。

micro:bitでプログラムを読み込む

これで、プログラムが読み込まれます。

micro:bitでプログラムを読み込む

このプログラムを読み込むだけで、ボタンAを押したらジングルベルが流れます。[ボタンAが押されたとき]ブロックを他の入力系のブロックに変えるだけでもアレンジできます。自由に活用してください!

[ジングルベルを使った作例]

micro:bitの使い方や作品アイディアを集めた特集ページです!

狩野 さやか
Studio947のデザイナー・ライター。デザイン・ウェブ制作全般を担当する一方、技術書籍の執筆や、ICT教育・子ども向けプログラミングについての取材・執筆をしている。著書に『見た目にこだわるJimdo入門』『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。

コメント

コメントを書く